50日目:霊場と北の防人

こんばんは!
さて、ようやくノートパソコンでの作業に慣れ、本日2投目です。

こちらは午前中より強い風により函館行きのフェリーが欠航してしまい、大間にて停滞中です。。
※この記事は50日目(6/24)の内容となります。

出発してから50日もうそんなに時間が経ってしまったのかと、思う反面240日の予定のまだ20%かと思うとまだまだだなと思う日々ですが、50日目を振り返ります!

目次

・恐山への道中にて
・霊場恐山
・北の防人 大湊
・まとめ


・恐山への道中にて

本日は、4:30に目を覚ましたものの、寒さで寝袋にくるまっていると二度寝してしまいました。
再び5:00に目を覚まし、テントを撤収し、朝食に食パン、ツナマヨ、コーンスープを食べ、道の駅よこはまを出発します。
P1000428.jpg

そして、今日の目的地は霊場恐山です。
ここからは40㎞ほどの道のりで、昨日苦しめられたはまなすラインを北上し15㎞の山岳コースを上ります。
P1000431.jpg

さて、昨日苦しまされたはまなすラインですが、そのアップダウンぶりは健在です。
昨日は、霧や雨という気象条件で少し焦ってスピードを上げすぎたのを反省し
適当なギア、速度、休憩を意識して進みました。
P1000433.jpg

すると、昨日のはまなすラインとの印象ががらりと変わり、楽に進めました。
ギアの切り替え、速度の重要性を確認して進みます。

北国のムードが溢れてくる標識がずらり
P1000436.jpg

そして、恐山に挑む前にクリームパンで補給します。
P1000438.jpg

ここから約300mの上りとなります。
最初こそ緩い坂道ですが次第に斜度が上がっていきます。
P1000439.jpg

そして、道の端には~丁という石碑が等間隔およそ100mごとで設置されていますが、
どうやら恐山までの距離を表す石碑のようですが九十九丁か…頑張るぞ!
P1000442.jpg

少し高度を上げたところで寒くなったので久々に手袋装着!
P1000441.jpg

高度を上げていくとどんどん湿り気が増してきて
10%越えの坂がお出迎え(白目)
P1000448.jpg

ここからは平均斜度的にも5%ほどの坂が続き、かなりきつかったですが、
それよりもこの霧、昨日のはまなすラインがかわいく見えてきます。
P1000453.jpg

眼鏡も一緒に曇ります
え、霧で曇る?いいえ私の熱気で曇っているだけです。(それほど坂がきつい)
P1000454.jpg

すると突然!身に覚えのあるバイクに追い抜かれ、あちらの方も気づいたらしく、立ち止まってくれました。
実は十二湖から帰る途中で日本一周中のライダーさんに出会っていました。
そのライダーさんと再会しました!

そして、「先に行って待っている」と声をかけてもらい、私も出発します。

そして、冷水と呼ばれる恐山を参る際に体を清めるとされる湧き水でクールダウンします。
P1000457.jpg

この後は下りで、しばらくすると霊場恐山の山門が待ちかまえ一枚写真を撮り、
激坂を下ります。(帰り絶対しんどいやつや…)と考えていると目の前が真っ白に!
P1000459.jpg


・霊場恐山

はっ!ここはどこだ!さっきまで坂を下っていたはず…
三途の川…そうか私はあの坂で…
P1000460.jpg

いえそんなことはありません、すいません不謹慎ですね。
改めて、こちらが人の死後渡るとされる三途の川と呼ばれる場所です。
意外にも水はきれいですが、硫化水素のにおいがあたりを覆っています。
P1000461.jpg

すると三途の川で先ほどのライダーさんと合流!
実はライダーさんで日本一周されている方と会うのは初めてです。
では、あらためてご紹介します。

こちらの方はW800というバイクで日本一周されているミネさん
P1000462.jpg

ブログを更新しながら旅をされていますので、ぜひご覧ください!
ミネさんのブログはこちらから→W800で日本一周

そして、ご一緒させてもらい恐山を見学します。
P1000469.jpg

総門をくぐり山門の前には風車が供えられたお地蔵さんがいます。
ここで風車はお供えの花の代わりとされています。
P1000515.jpg

そして、山門をくぐると目の前には地蔵殿があり
左右には参拝者が入れる温泉があり、温泉をちょろっと覗いて後で寄ることにしました。
もちろん女湯ではありませんよ!
P1000474.jpg

さて、地蔵殿の脇から景色が一変します。
岩稜がむき出しとなり至る所で積み石の小山が見受けられます。
P1000479.jpg

そして、お地蔵さんの前にはたくさんの風車が供えられています。
P1000485.jpg

すこし歩くと賽の河原と呼ばれる積み石の小山がたくさんある河原に出ます。
こうして積み石をできるだけ高く積み上げることで地獄にいる鬼の手から死者を開放してもらうのだとか、
P1000488.jpg

ちなみに崩してしまうと自分が鬼になってしまうので、慎重に自分もひとつ乗せてきました。
P1000489.jpg

そして、隣接する宇曽利湖のあたりに出てきました。
ちなみに、この奥の山は死者が向かう山とされているようです。
P1000504.jpg

このあたりの砂はガラスの原料となる砂で実際見てみると
まるでガラスを砕いたかのような砂です。
P1000498.jpg

そして、湖畔で生える草をこのように結ばれているのですが、これは地獄に落ちた死者の罪を軽くするためその方の遺族が結びに来られるとのこと
P1000502.jpg

そして、昔はここから金が出たがそれを目当てにやってきた者たちがヒ素中毒で亡くなったという金堀り地獄
P1000507.jpg

いくつものガスが噴き出ることから罪(ガス)を重ねると名付けられた重罪地獄
地獄の名にも由来があり、いたるところでガスが噴き出る恐山を見学し、入り口に戻ります。
P1000506.jpg

私もミネさんも予備知識に疎かったのでガイドさんの後ろをストーキングしながら、ガイドさんの説明に納得し、旅あるあるやこれからのルートを話しながら見学していました。

そして、バイク旅での悩みについて、バイク旅では肩がこるのが悩みなのだそう、自転車もずっと同じ体制だとなってしまいますがバイクならではの悩みですね。

これからこの日に北海道へ入るとのことなので、ここでお別れとなりました。
またどこかでお会いできるのを楽しみにしています!
それでは、どうかお気をつけて!

ミネさんと別れたあと、恐山内にある温泉に浸かり、次の目的地に向かいます。
ここの温泉は硫黄泉で温度も高く、10分ほどしか入っていられませんでした気分もリフレッシュして次なる目的地に向かいます。
P1000513.jpg


・北の防人大湊

さて、温泉に入りすっかりリフレッシュした私でしたが、
肝心なことに初手が激坂だということを忘れていました!
P1000520.jpg

行きより斜度増してる!?
気合で何とか上り返し山門に到達し、一気に下ります。

その後、スーパーで昼食をとり、向かったのは北の防衛を担ってきた大湊です。
ここからは6㎞ほどの道のりです。
P1000521.jpg

そして、たどり着いたのは北洋館と呼ばれる海軍の開設から現代の海上自衛隊に関する資料が多く展示されている施設で建物は当初の将校テラスを改装したものだという。
P1000525.jpg

さっそく、中に入るとレトロな雰囲気な館内に献身の文字
P1000526.jpg

展示物は戦争の歴史、戦時中使われていたものなど多岐にわたりかなりの数の展示に
北の防人と呼ばれる大湊の役割について説明されていました。
P1000529.jpg

大湊は港から延びる半島によって外洋から守られているため天然の要塞となっています。
P1000542.jpg

そして、この地で繰り広げられた戦闘の説明、当時使われていた弾薬、制服、機銃を見学し、
P1000531.jpg

中には硫黄島からの遺品も展示されており。
平和学習をするには十分すぎる展示がされています。
P1000537.jpg

また、北の防衛基地であった大湊ならではの北方領土に関する問題点についてもわかりやすく説明されいて、
その本質を学びましたが、改めて難解な問題であることを学びました。
また、後に回せば回すほどあいまいになってしまう問題であると私はそうとらえました。

そして、戦争という悲しい歴史を再び起こることがあってはならないと
展示から改めて平和への願いを、そして今こうして戦争のない時代に生きているということをしっかり心に刻み北洋館を後にします。
P1000534.jpg


週末には艦艇見学もできるそうなのでお近くにお住まいの方にはぜひ訪れてもらいたいスポットでした。

そして、隣には航空自衛隊の基地がありここからぎりぎり艦艇をとらえることができました。
P1000553.jpg

ここから、道の駅を目指し走りましたが、明日の雨をしのぐため予定を変更し、
街の駅川内というところで軒先をお借りして一晩を過ごし本日は終了です。

連投となりましたが北海道編がスタートするまでには追いつかせる予定となっておりますので、よろしくお願いします。
それではさよなら~

・まとめ

・走行距離
本日:75㎞くらい
累計:不明

・出費
食費 1128円
恐山 500円

合計 1628円

・今日の足跡
青森県横浜町 道の駅横浜~むつ市恐山~大湊~街の駅川内

にほんブログ村に参加しています!
クリックするとポイントが上がりますので、よかったらクリックしてください!
皆様のおかげで現在7位です!いつもありがとうございます。
  ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。