39日目:自然の不思議!~五色沼~

おはようございます!
昨日は全国的に雨のところが多かったようですね、そして、私のいる福島も雨で午前中に裏磐梯へやって来た目的である五色沼を散策していました。

そして、午後からは雨がやみ少しだけ前進しました。
さて、そんな39日目を振り返ります!


目次

・自然の不思議!~五色沼~
・まとめ


・自然の不思議~五色沼~

さて、本日は裏磐梯ユースホステルよりスタートです!


といっても外はかなりの雨が降っているのでしばらくユースホステルで雨が止むのを待ちます。

雨の日は持ってきた本を読んだりしながら過ごしています。
(あまり、まだ雨に降られていないので進んでおりませんが)


そして、昼前に少し雨が弱まったので五色沼の探索に出掛けます!


歩くこと数分で、毘沙門天沼に到着!
ここ五色沼は青い湖が見られるということで、人気の観光スポットです。


毘沙門天沼は比較的大きな湖で水の色はまさしく水色と呼ぶにふさわしい色をしています。


そして、遊歩道を進むと次は赤沼
ここはやや緑っぽい色をしています。


そして、みどろ沼
写真をよくみてもらうと沼の手前と奥とで水の色が異なります。


沼と沼はこうした川でつながっています。
また、五色沼は磐梯山が噴火したことにより山麗の川がせき止められ大小100個近い湖が作られ、湿地帯となったそうです。


さて、どんどん進んでいきます。
次は弁天沼です。
ここも水色の沼で、雨にも関わらず綺麗な色をしています。


なぜ、五色沼の沼がこんな色をしているのかは現在も研究中とのことで、水中の微粒子が太陽の光を反射することでこの色を出しているとも言われています。


森の緑が美しい遊歩道を進みます。


そして、次は青沼ここも水色の沼です。
本当に綺麗な色をしています。


そして、最後は青柳沼
しかし、ここは普通の湖と変わりません。


沼同士が隣接しているにも関わらず、沼の水の色が違うとは、

火山帯なのでそれぞれの沼で成分が異なるのでしょうか?
自然というのはやはり興味深いものです。

一応、物理学専攻の理系学生なので、なぜこんな色をしているのかとても気になった、五色沼でした。


そして、午後からは雨も止み、お世話になったユースホステルを出発します。
マスターとも少しでしたがお話出来て楽しかったです!


そして、ここから喜多方市まで進みます。
少しだけ上りそこからは下り坂です。


この辺りは湖が多く、眺めも良く、ついつい写真を撮ってしまいます。


そして、一気に下ります!
さ、寒い!一応レインウェアは着ていましたがそれでも寒い!


気温は14度、どおりで寒い訳だ


そして、喜多方でチェーンオイルを買うため自転車屋さんに訪れ、チェーンオイルを購入して、別れ際にスタッフの方から
応援の品をいただきました。
本当にありがとうございます!


そして、その後は道の駅喜多の郷まで進み、気づけば車中泊の方が4人も集まり、旅あるあるを話して盛り上がっていました。
(国道8号線が車も一緒のようです(笑))

今日は山形県のにほんの里100選小国町小玉川へ向かうため移動日となります。
初手が400mほど上らなくていけませんが頑張ります!


・まとめ

・走行距離
本日:36km
累計:2435km

・出費
食費 368円

・今日の足跡


にほんブログ村に参加しています!
クリックするとポイントが上がりますので、よかったらクリックしてください!
皆さんのお陰で現在8位です!これからも頑張ります‼
  ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。