38日目:熊の棲息地とは知らず…

おはようございます!
昨日は会津若松を観光し、にほんの里100選、猪苗代湖を訪れ、猪苗代湖畔に広がる田園風景とこの地域の古民家を見学してきました。

そして、色とりどりの湖が見られるという五色沼にむかいました。
それでは、38日目を振り返ります!


目次

・会津若松を観光!
・にほんの里100選(猪苗代湖)
・熊の棲息地とは知らず…
・まとめ


・会津若松を観光!

本日は道の駅あいづ湯川坂下よりスタートです!


そして、会津若松を観光します。
道中に雰囲気のある町並みを横目に鶴ヶ城を目指します。


そして、一時間程で到着!
それでは、討ち入りしたいと思います!


そして、タイミングよくボランティアガイドさんの解説付きで回ります。
ここのお城は幕末における戊辰戦争で、1ヶ月の籠城戦が行われたお城で


一ヶ月間も戦えたのはこの広い本丸に二重に囲われた堀と攻めのやぐらがポイントとなったそうです。


そして、この鶴ヶ城に関連して新政府に対抗するため組織された白虎隊の悲劇の舞台となった
飯盛山へ向かいます。


白虎隊について話すと長いのでこちらのサイトを参考にどうぞ。
白虎隊について

簡単に書くと新政府との戦いのなかこの山にたどり着いた白虎隊でしたが、


鶴ヶ城から煙が上がり城が落ちたと判断し、隊の全員が自害したという悲しい物語です。
(像の先に鶴ヶ城があります。)


そして、この白虎隊というのは18歳~15歳の青年で組織された隊で、この歳で自らの命を絶つ
自分にはそんなことができるたでしょうか?

そんな、会津の武士道精神を垣間見、隣接するさざえ堂を見学して後にしました。


そして、以前より食べてみたかった会津若松のソースカツ丼を食べに行くことにします。

先日、日本一周チャリダーともやくん(@tomoyaaaaa33 )からの情報ででか盛りをと思っていましたが、そのお店は閉店してしまったようです。
そして、訪れたのはこちら


そして、運ばれてきたのはこちら!
すごいボリュームです!カツが丼からはみ出ています!


大きなカツのしたには千切りのキャベツがしかれていて、甘辛いソースが食欲をそそり、あっさり完食しました。
美味しいものが食べられ幸せです!


・にほんの里100選(猪苗代湖)

さて、ここからはにほんの里100選、猪苗代湖を目指し、標高を500mまで上げていきます。


次第に田園風景が目立ってきます。
奥に見えるのは日本百名山磐梯山です。


磐梯山のビューポイントで一枚!


そして、猪苗代湖畔まで上ってきました。
湖畔ではヨシが群生していて、様々な生物の隠れ家となっています。


そして、その湖畔は水田が広がります。
湿地帯での稲作が盛んだったことが伺えます。


そして、当時の暮らしぶりを学ぶべく、会津民俗館へ


こちらでは、この地域の茅葺き屋根の民家と先日訪れた金山町(中川)から移設した茅葺き屋根の古民家を見学できます。


まずは、この地域の古民家から
入り口より便所、馬屋というつくりは雪の降る地方では共通のようです。


また、この古民家は広く、二層からなる大規模な民家で、地域のなかでもお金持ちだった人の民家とのことです。


農具もこの猪苗代湖畔の湿地帯に対応した独特のものが展示されていて、先人の知恵を学びとることができます。


そして、おや?
この編み込み細工昨日も見たなぁと思っていると、会津の伝統工芸品はこの時代から受け継がれているものと改めて実感しました。


そして、次の茅葺き屋根の民家は先日訪れたら金山町から移設したものということで、見学してみると


広い土間に簡素な寝室が特徴の作業小屋を意識した間取りとなっています。


また、ここでは会津若松の伝統工芸品の絵ろうそくがどのようにして作られていたのか見学することもできます。



・熊の棲息地とは知らず…

猪苗代湖を後にして、色とりどりの湖が見ることができるという五色沼に向かうべく裏磐梯へ向かいます。

そして、少し寄り道して、世界のガラス館へやって来ました。


透き通るようなグラスをはじめ、清涼感のある切子、可愛い動物の置物などが販売されています。


鮎の塩焼き!?いえ、これもガラス細工ですよー


さて、寄り道を済ませ本日の寝床候補へ向かいます。
ここからさらに300mほど高度を上げます。


そして、五色沼に到着しビジターセンターにて寝床を交渉するも…

この辺は熊の棲息地という言葉に縮み上がり、
本日は裏磐梯ユースホステルにて一泊することにしました。


まさかの熊の棲息地を寝床にしようとしていたとは、見通しが甘かったですね、今日は反省です。

そして、ユースホステルにて、札幌からお越しのおじいちゃんとおばあちゃんと少しだけ、
五色沼を散策きてきました。


植物について詳しい方で、道中には色んな植物を教えてもらい、やっぱり色んなことを知っていると面白いなぁと痛感させられています。

そして、夕食もご一緒させてもらい、
ふかふかベッドに倒れ込み本日は終了です。

そして、本日は雨が弱まった頃を見て、喜多方まで降りて道の駅へ向かいたいと思います。

その後は山形県へ向かい、小国町を目指します。
それでは、さよなら~

・まとめ

・走行距離
本日:66km
累計:2399km

・出費
食費 1936円
ユースホステル 3700円

合計 5636円

・今日の足跡


にほんブログ村に参加しています!
クリックするとポイントが上がりますので、よかったらクリックしてください!
  ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。