17日目:里までの道のりは長い

おはようございます、記事を何度も消えてしまい相変わらずの翌朝投稿となってしまいました。

そして、昨日はにほんの里100選の神岡町山之村へ訪れ、暮らしの中から生まれたある食材について、知恵を得ることができました。

それでは、17日目を振り返っていきます。

目次

・里までの道のりは長い
・にほんの里100選(神岡町山之村)
・神岡町といえば?
・まとめ


・里までの道のりは長い

さて、本日は道の駅細入からスタートですか、
眠りが浅かったのか、夜中に何度も起きてしまい、少々寝不足気味ですが、出発します。


まずは、山之村までの中間地点である、道の駅を目指します!


緩やかな登りが続く区間で、足を休ませながら進みます。


この辺りは山の緑が深くなってきます。


線路がありましたが、恐らく廃線跡のようです。


緩い坂が続く区間とは言え、所々は斜度が5%以上になるところもあります。


そして、道の駅に難なくたどり着き、分岐地点のコンビニで補給を行い、万全の状態で挑みます。

そして、上ること数十分、もう絶景です…


沢で体を冷ましながら、暑い日差しを受けどんどん上ります。


厳しい上りが続きます、何が厳しいかと言うと、つづら折りなら勾配に変化があり、足を休ませながら上ることができるのですが、

こうも直線が続く坂道では消耗が激しいです。


一坂を上っては足をつく、を繰返しながら、上ります。


絶景!!(ですが、しんどい!)


そして、何を思ったのかネタ画像を撮り始めました。


さて、あともう一息です


このトンネルをくぐれば上りは終了です。


そしてついに、山之村へ入村です!


そして、時間もお昼前となりましたので、昼食と里の情報を集めるために、山之村牧場へ


すると偶然にも、山菜バイキングなるものが開催されていて、これだけ里山を回っておきながら山菜をまだ食していなかったので、お腹一杯食べることに


ふきやタケノコ、ウド、ゼンマイ、ワラビなどが、煮物や天ぷら、創作料理と様々なバリエーションで提供されています。


特に山菜おこわは絶品で、このお椀に4杯もおかわりしてしまいました。


一番のお気に入りはウドの酢の物で疲れた体に染み渡りました。

そして、変わり種として、ブドウのツルの天ぷらがあり、あのブドウの酸味がほのかに口に広がるくせになる味で、初めて食べました。

また、牧場なのでデザートには牧場でとれる牛乳を使用したスイーツまで堪能しました。

そして、午後から村内の探索へ出掛けます。


・にほんの里100選(神岡町山之村)

昼食を摂り、村内の散策へ出掛けます!


そして、この里ではある乾燥食品が古くから受け継がれていて、現在も生産され続けています。
その食品とは、「寒干し大根」と呼ばれる、切り干し大根の輪切りバージョンと思ってもらえると早いでしょう。


しかし、切り干し大根とは違い、寒干し大根には独特の甘味があり、柔らかな食感と味がよく染みるのが特徴で、

お昼にも煮物として出ていたので食べてみましたが、切り干し大根にはない甘味があり、よく味が染みていて美味しかったです。

さて、そんな「寒干し大根」ですが、
山之村では厳冬期に気温がマイナス20℃まで下がります。

その凍みで大根は夜に凍って、昼間には溶けるを繰り返し、甘みと滋養が凝縮することで寒干し大根ができあがります。

作り方は、収穫した大根を土の中に保存することから始まり、

12月から1月にかけて、気温が氷点下になると、いよいよ寒干しの作業が始まります。

皮をむいた後、厚さ2cmの輪切りにして30分ゆでます。

このゆで上がった大根を串に刺し、建物の軒先などに並べて、約30日間、飴色になるまで寒風にさらすことで完成します。(軒先やこの矢倉に吊るすそうです。)


山之村に冬が訪れ、2mもの積雪に閉ざされる頃、プロアマ問わず、たくさんのカメラマンがこの軒先に吊るされた風物詩寒干し大根を収めるために全国各地からやってくるそうです。


そして、村内の茅葺き屋根の住宅では築200年を越すものが存在し、古くからの暮らしをそのまま受け継いでいる姿を見ることができました。


そして、時間もいい頃になりましたので、本日の宿を目指す為、出発します。



・神岡町といえば?

さて、山之村を後にして、向かうは行きしなに寄った道の駅です。


しかし、トンネルから村内に入るとき標高を200mほど落としたので、また上ります。



そして、再び最高地点(1121m)まで上り、
絶景をパシャリ!


ここからは下り一本でしたがなにせ、その下りも急で終始、ブレーキをかけっぱなしでの下りでした。


そして、道の駅宙ドームかみおかに到着、
ここ、神岡町はスーパーカミオカンデがあることで有名です。

道の駅の中には、カミオカンデのレプリカがあり


カミオカンデが観測しているニュートリノの簡単な説明などが、展示されています。


そして、外には宇宙に関するオブジェがあります。


そんな、充実した、道の駅にて本日は終了です。
そして、本日(5/23)はいったん富山まで戻り、にほんの里100選、生地へ向かいます。
それでは、さよなら~


・まとめ

・走行距離
本日:62km
累計:1031km

・出費
食費:2016円
ステッカー:380円

合計:2396円

・今日の足跡



にほんブログ村に参加しています!
クリックするとポイントが上がりますので、よかったらクリックしてください!
  ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。