15日目:いざ、世界遺産へ

おはようございます!
最近は本当に天気が良く、気持ちのいい日々が続いています。

さて、昨日(5/21)はとなみ散居村ミュージアムへ向かい、その後は世界遺産の白川郷へ道を進めていきました。

それでは、15日目を振り返りたいと思います。


目次

・にほんの里100選(砺波平野散居村)
・世界遺産白川郷
・まとめ


・にほんの里100選(砺波平野散居村)


15日目は道の駅となみよりスタート


しかし、となみ散居村ミュージアムの開館時間は9時となっているため、近くのマックで過ごしました。なにげに人生初朝マックでした!


そうして、写真の整理などをしているうちに
時間になったので、昨日は休館日だったとなみ散居村ミュージアムにリベンジします。


このとなみ散居村ミュージアムでは、
ここ砺波市や南砺市に散開する集落
散居村について学ぶことができる施設です。

そして、昨日の記事でも写真を少し載せたのですが、ここ散居村は家の一軒、一軒が離れているのが、特徴のひとつです。


そして、この写真にもあるように家を囲うようにして生えている木々が印象的だと思います。
(展示物でごめんなさい)


ここから文字が多目です。

この地域では、この家の回りの木々をカイニョ(屋敷林)と呼び、様々な役割を持っています。

家を囲う木々と言えば、防風林を想像される方が多いと思いますが、まさにその通りでこの地域では、南西から強い風が吹き付け、冬には雪も降ります。
そこで、厳しい自然環境から家を守るための知恵です。

しかし、このカイニョは防風林とは違い様々な種類の木々が育まれているのが特徴です。

風を防ぐ為のスギ、ヒノキ
生活用材としての竹
食物をもたらす、クリ、カキ
など、代表的なものを上げただけなので本当に多種多様な木々が家の回りを囲っています。

そして、それらの枯れ葉や枝は燃料となります。

このカイニョの役割をまとめると
・風や雪、暑さなどの厳しい自然環境から家を守る
・燃料や暖房用材の補給
・生活用材や農業用材の補給
・水害から家を守る
・食べ物をもたらす
とあるひとつの循環型の暮らしが根付いていたことがわかります。

また、現代における屋敷林の効果や課題が指摘されています。

屋敷林の効果としては平成16年に来た台風から再認識されていて、

屋敷林があることで風を和らげ、屋敷林がある家が多くあることで、広域的に砺波平野に吹き付ける風が和らぎ、夏の暑さは木々の葉の蒸散により涼しく過ごすことができることから

屋敷林の保全を推奨されていますが、
やはり木々の手入れというのは大変で、

かつては建築用材、燃料として用いられていた木々、枯れ葉や枝が、建築技術の進歩や石油等の燃料に変化したことで、使い道がなくなり処分に困るのが一番大変だとお話を伺いました。

なので、これからの課題としてはそういった手入れはどのようにしていくのか?
また、そこでできる木や枝、落ち葉はどうするのか?
という点が課題になっています。

自分としては、バイオマス発電などの方法を用いて、電力に変えていくのもいいのではないのかと考えましたが、バイオマス発電にも課題が多く、まだまだ、時間のかかる問題だと感じました。

さて、長々と失礼しました。
そうして、散居村から屋敷林の効果と課題について学んだのち

いよいよ、世界遺産の五箇山集落、白川郷へ向かいます。


・世界遺産白川郷

そうして、となみ散居村ミュージアムを後にして、白川郷に向けてひた走ります。


白川郷までは山岳ルートで洞門を抜け


ダムを見ながらの登りです。


橋も渡って行きます。


道の駅でカレーふりかけマヨトーストで補給して、アタックを仕掛けます!


この橋以外と揺れて怖かったです…


そうして、たどり着いたのは五箇山の菅沼合掌造り集落


大きな合掌造りに圧倒されます。


かわいい民芸品屋さんやお土産屋に誘惑されてしまいます。


しばらく、集落を見学し、次に向かうのはいよいよ、白川郷です。

すると、道の駅で休憩していると
お仲間と思わしき荷物を載せた旅人に遭遇!


こちらはドイツから来られたゾルダンさん
どうやら、西日本を巡る日本半周の旅をされているのだとか

まともに外国人としゃべることもなかったので、終始たじたじでしたが荷物の重さやこれからのルート、食事など旅人同士の定番の会話を楽しみました。

もっとしゃべれたら楽しいだろうなと英語を勉強することを考えながら再出発!
どうやら、この川を越える度に富山と岐阜を行き来するようです。


富山~


岐阜~


ダム~


そんな感じでのろのろ走り、ここからは岐阜県のようです!


そして、ようやく白川郷へやって来ました。
自転車を止め、集落を回ります。


絵になりますね~


五箇山の集落よりも大きな家が多いです。


そして、一度は見たいと思っていた、展望台から見る白川郷


写真を撮ってもらいました!


自転車との1枚


ここから見る景色は夕方だったのもあって、
本当に綺麗な景色に感動しました!


その後は道の駅白川郷にて豪華な晩ご飯を、作り眠くなり就寝…


かと、思いきやうたた寝していると一人の外国人が隣のベンチで寝る支度をしていました。

すると、この男性実はヒッチハイクで日本を旅しているフランス人の方で今日山形からここまで乗せてもらったそうで、

しかも、今日出会ったゾルダムさんと昨日
この道の駅で過ごしたという偶然に2人ともテンションが上がり、しばらく話し込んで就寝となりました。

ちなみにこちらの方は日本語が上手だったので、助かりました。

本日(5/21)は、次なる100選、神岡町山之村へ向けて歩みを進めていきます。
山岳迂回ルートを選択したので、山之村へは明日の午後の見込みです。

それでは、さよなら~

・まとめ

・走行距離
本日:61km
累計:878km

・出費
観光費:100円
食費:130円

合計:230円

・今日の足跡


にほんブログ村に参加しています!
クリックするとポイントが上がりますので、よかったらクリックしてください!
皆さまのおかげで現在9位です!
これからも精進いたします!
  ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。