11日目:能登半島疾走中!

おはようございます。
昨日は夕方から激しい雨でしたが、道の駅の休憩室をお借りすることができ、どうにか雨風をしのぎました。

移動メインでしたので、内容は道中メインになります。
それでは、11日目を振り返っていきます。


目次

・寄り道
・ともやくん再び
・まとめ



・寄り道

今朝は道の駅ころ柿の里しかよりスタートです。


ここの道の駅では24時間開放の休憩室に温泉、足湯など旅人には嬉しい設備が整っていました。

そして、朝食はともやくんに教えてもらったカレーふりかけマヨトーストで朝ご飯を済まし、いざ輪島方面に向け出発します。
(食べかけでごめんなさいm(_ _)m)


そして、進むこと30分、道中に気になる看板
を見つけ、能登金剛と呼ばれる景勝地の一部である巌門に向かいます(途中で出会って景色)


緑の美しいなだらかな登りを進みます。


あと、もうちょっと!(この辺から下りでした。)


そして、しばらくして巌門に到着し、周辺を探索します。

そして、最初に現れたのはこの洞窟、
中は短い洞窟で、


すぐに出口が見えてきます。


すると、そこには、波により侵食され出来た
地形が広がります。


波の侵食に日本海の荒々しさが伝わってきます。



そして、巌門を後にして、輪島へ向かいますが、


またもや寄り道です。
目的はこの写真のベンチです。



このベンチなんと、全長460.9メートルのベンチで1989年、世界一長いベンチとして、ギネスに登録されています。そして、夕日のスポットとしても有名なのだとか、

さっそく座ってみます(笑)


こんなに長いベンチを一人で座る…
なんか寂しいですね…

また、ここから見る海岸も美しい青がまぶしい海岸でした。


そして、一度補給をして再出発です。
(おいしく頂きました。)


山を越え、


輪島市へ入りました!


そして、また海岸線に戻ります。


この海岸は不思議な地層や奇石を見ることができます。


そして、またもや寄り道、黒島地区へ
黒瓦が特徴的な集落で、ここは北前船の寄港地で、今でも昔ながらの町並みを見ることができます。


この地区に残る大きな屋敷角海家(お休みでした。)


高台から


しばらく、探索して再出発です。
能登半島はアップダウンが激しくなかなかに体力を消耗します。


そして、トンネルですがここは歩道が広いので走りやすいです。


そして、このトンネルから下り坂を下りきると輪島市街へと入ります。

しかし、この時実は雨に追われる展開となっていたこと、輪島の朝市は12時までだったことから、また明日(5/17)に戻って来ることにして、
もう10km先の道の駅千枚田ポケットパークに向かいます。


・ともやくん再び

それから程なくして、道の駅千枚田ポケットパークに到着しましたが…


すると見覚えのある赤いグレートジャーニー(自転車の品名)が止まっています。


そう、6日目の夜にお会いした、ともやくんでした!


ともや/おこ君のブログはこちらになります!
どうぞご覧ください!
http://tomoyaoko-bicycle.hatenadiary.com/

ルートが同じなので、どこかで会えると話していましたが、こんなにすぐに会えるとは!


今日の走行中どうやらお互いどこにいるかは意識して走っていた模様


そして、今日は名古屋から来られたもう一人の旅人さんを交えて、


旅人が集まってやることはひとつですね、
宴会!


ともやくんはお酒を、旅人さんにはおかきを
私は料理を提供する形で、私はかに玉と小松菜のお浸しを作りました。
(写真は撮り忘れました。)

おかげで、久々に食卓を囲むことでき、
楽しい夜を過ごすことができました!

出会いに感謝です!
そして、旅人さんにはソフトクリームまでおごって頂きました。
本当にありがとうございます。


・まとめ

・走行距離
本日:71km
累計:650km

・出費
食費:395円

・今日の足跡


にほんブログ村に参加しています!
クリックするとポイントが上がりますので、よかったらクリックしてください!
  ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。