186日目:茅葺屋根の保全

おはようございます!
昨日は松山市より、にほん里100選久万高原町は上畑野川を訪れ、集落の散策路を歩き、茅葺屋根の民家や豊かな自然が広がるを散策してきました。

それでは、186日目を振り返ります!



目次

・三坂峠を攻略
・にほん里100選89(上畑野川)
・まとめ


・三坂峠を攻略

さて、本日は道後温泉にほど近い道後公園よりスタートです。
昨日ともやくんから聞いたのですが、道後温泉本館は来年の愛媛国体後に長期にわたる大規模な改修工事を行うとのことで、今の内に撮っておきます。


何回かは来ていたので、お風呂は入らず
駅周辺を軽く散策して
このまま次なる里を目指して走ります。


さて、本日の目的地である上畑野川へはまず三坂峠を越えて行く必要があります。
(松山へ出て来たのは一番標高の低い峠越えだったこともあります。)


というわけで、松山市より国道33号線を走ります。
砥部町に入ったところで中央分離帯に砥部焼の壺が!
砥部町といえば砥部焼で有名な焼物の街ですね。


私も以前ここで砥部焼の絵付け体験をしたことがあり
懐かしみつつ目の前に現れる坂を登り始めます。
そうここから峠の始まり


三坂峠は720mの上りとなります。
四国始まってすぐさま本格的な峠道です。


平均斜度は5%の比較的緩めの坂が永遠に続きます。


砥部や松山の一部の街を眺めることができます。
しかしながら、今日は天気が悪くこの辺りから雨が降り出しました。


雨天装備に切り替え、ゆるゆると上って行きます。


山を上って行くほど、赤やオレンジに染まる木々が多く、道中を楽しませてくれます。


また、途中にちょっと怖いトンネルがありました。
本道ではなく支道なので通ることは無かったのですけどね


だいぶ高度を上げて来ました。
街も霞んで見えなくなって来ました。


そして、短いトンネルを抜けると


あ、最後の最後で殺しに来たな…
まあ短い距離でしたのでそこまでやられることなく


三坂峠に到着、お疲れ様でしたー


そこから500ほどまで高度を落とし道の駅
天空の郷さんさんへ
少しお昼には早かったですが、お腹も空いていたのでここで昼食にしました。


ここの道の駅のレストランはなんとバイキング形式、地元野菜をふんだんに使ったメニューが人気のようです。


トマトの甘酢漬けとはやとうりの煮物が美味しかったですね。
野菜も大量に採れ少しは健康になったかな?
とにもかくにも1000円でたらふく頂きました。
(写真外にもかなり食べました 笑)


そして、少し食べ過ぎたので食休みをして
本日の目的地、上畑野川へ向かいます。


・にほん里100選89(上畑野川)

さて、道の駅天空の郷さんさんよりもう一山越えてやって来たのは畑野川地区


さらに奥の上畑野川地区を目指します。
畑野川地区には圃場整備された棚田が広がり、米づくりが盛んな様子が伺えました。
また、カカシコンテストも行われていました。
地域おこしに取り組まれている姿も垣間見れました。


さて、そんなこんなで上畑野川地区へ
標高600mに位置する上畑野川地区では丁寧に手入れされた棚田を中心に


それでは自転車を置いて散策します。
今回はこの集落で取り組まれているフットパスという散策路を歩くことにします。


棚田の上の方に民家が立ち並ぶ、典型的な里山の土地利用が見てとれます。


そして、その民家は茅葺屋根の民家が数件ほど残っています。


また、トタンを張っているのも中は茅葺屋根なのです。
しかしながら、茅野痛み具合やトタンでの補修しているところを見ると選定当時よりかなり茅葺屋根の民家の保全が難航しているように感じました。


茅葺屋根の民家の保全が難しくなる原因として挙げられるのが茅の老朽化
茅葺屋根の寿命は30年と言われることが多いですが、現在は20年ほどで吹き替えなければならないようです。


では、昔と一体何が変わったのでしょうか
察しのいい方はお気づきかと思いますが、そこには囲炉裏の存在が大きく関わっています。


茅葺屋根は囲炉裏やかまどから出るススが茅に付着することで防虫効果を発揮して来ました。
しかし、燃料から焚火が消えたことでその効果を得られなくなり寿命が短くなっているのです。


当然、葺き替えの周期が短くなればそれだけお金もかかります。
そこで、トタンで覆うという選択肢が出てくるわけです。
囲炉裏が消えたことで茅葺屋根の事情も変わりゆく、そんな繋がりを改めて認識しました。


さて、散策を続けます。
そして、この里で特徴的なのが緩やかな斜面に広がる棚田


圃場整備されている棚田ですが、かつては石垣の棚田のだったようでその名残がちらほらと見られました。


また、山から湧き水を引いて鯉を飼っているお宅もあり、かつてはここで洗い物などをしていたようです。




そして、その綺麗な湧き水が集まる川が集落の中を流れています。
そこではヤマメの養殖も行われるほど水質がいいようです。


また、川を遡ると立派な滝が集落の外れにありました。


そして、1時間ほどでフットパスを歩き終え
散策は終了です。


その後は本日の寝床候補地へ向かいます。
四国の県道って結構狭いんですね…


そして、道の駅みかわにて本日は終了です。
今日は四国カルストを目指して走りたいと思います!

なんと、テッペーさんも反対から上って来られるということで楽しみです!
それでは、さよなら~


・まとめ

・走行距離
本日:56km
累計:11589km

・出費
食費 1000円

・今日の足跡
道後公園~道の駅みかわ

にほんブログ村に参加しています!
クリックするとポイントが上がりますので、よかったらクリックしてください!

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。