154日目:自然とのバランス

おはようございます!
昨日は名護屋城跡の近くの道の駅より次なる里を目指して、佐賀を南下していました。

その里、白石町湯崎地区を訪れ一度は干からびた湧水地帯の池を再び復活させた人々の知恵とはなんだったのでしょうか?

では、154日目を振り返ります!



目次

・伊万里焼と商人
・にほんの里100選77(湯崎)
・まとめ


・伊万里焼と商人

さて、本日は道の駅桃山天下市よりスタートです!
だいぶ冷えてくるようになりましたね
しっかり寝袋を被って寝ないと風邪を引きそうです。


ここからは伊万里市を目指して海岸線の国道204号線を走っていきます。
名護屋城跡付近では陣跡と呼ばれる秀吉朝鮮出兵の際の各武将の拠点の跡地があちこちに残ります。


しかしながら秋晴れとはなかなかいかないようです。
気温も低く、一枚羽織っての走行でした。


お巡りさんも寒さに顔が青くなってますね
ちょ、本当に怖いのですが 笑


さて、茶番は置いてしばらく進むと
浜野浦の棚田という夕日の名所兼恋人の聖地へ到着。


残念ながらあまりうまく撮れませんでしたね
夕日の頃それも棚田に水が入っている時が一番綺麗なんだそうです。


さて、棚田を眺め少し休憩してから
再び伊万里方面へ進むのですが、この辺りのアップダウンがきつく体力を持っていかれます。


しかし、基本的に海岸線を走りましたので景色に飽きることなく進めました。
浦の際に佇む石垣が特徴的な家


小さな島々と棚田
ここの小さな島々はいろは島と呼ばれているようです。


伊万里までは残り17km
徐々に距離を削ります。


田園風景を眺めながら走ると伊万里市内へ入ります。


そして、駅前の中心街の橋や歩道の隅には伊万里焼がちょこんと置かれています。

そう、伊万里といえば焼物ですよね
とはいうものの伊万里はもともと伊万里津と呼ばれる港町でした。


この辺りの焼物発祥の地である有田から各地へ送られる際にここへ持ち込まれることから外部の人からは伊万里焼と呼ばれるようになり焼物の街として栄えるようになったとか

そして、その陶器を売る商人の家を訪れました。
陶器商家資料館となっていて江戸時代より続いた陶器商人暮らしを見ることができます。


かつてこの辺りは陶器商人の家が軒を連ねたそうですが、現在残っている商家はここだけとのことで中を見学させてもらいました。


玄関から入って左右両サイドは漆喰の壁を張り巡らされることで火事の際の隣家への炎上を防いでいました。
しかし防火性は高いものの今度は明かりを取りにくい構造となったため室内は少し暗いです。


そして、かつての陶器はこのように
稲の藁を用いて梱包され運搬されていたようです。
今なら新聞紙やプチプチで包みますがこの梱包には驚きました。


焼物自体にはあまり興味がないのですが、
こういった暮らしの中で培われた知恵は本当に素晴らしいと思った陶器商家でした。

そして、お昼ご飯を食べて
次なる里、湯崎を目指して走るのですが猫が寄ってきて出発できません 笑


か、完全に昼飯が狙われとる…
猫の目線の先には食パンがあります 笑


と言うわけで猫と戯れ出発です。
ここからは武雄市経由で鹿島方面へ進みます。



・にほんの里100選77(湯崎)

そして、本日2体目のお人形登場


伊万里から30kmほど走ると平野が広がる地形にようやく山から解放されました。


そして、湯崎地区へ到着
平野部に広がる畑に田んぼが特徴的です。


そして、この地区にはとある池が存在するのですが、それがこちらの縫ノ池


中央には厳島神社があり地域の人々の信仰の中心でもあるこの池ですが


実は湧水がこの池を作りだしました。
この辺りは湧水地帯であることからかつてはここを水源として稲作や畑作が盛んに行われました。


しかし、昭和30年ごろ一度この池が枯れてしまったことがあります。
原因は農業用水として水を組み上げ過ぎたことによる枯渇


さらには広域的な地盤沈下を招きました。
事態を重く見た白石町はこの湧水地帯の地下水の使用を控え別の水源から水を得ることでことなきを得ましたが


人々の水の使い過ぎがここまで影響を及ぼしたことからこの地区の方々の環境保全意識が高まり、池の周りや背後の山野を整備すること40年の月日をまたぎ


湧水を復活させました。
湧水の復活には地元の方々は喜びは大きく、さらに池の周りの環境保全、里山の整備、など里の再生に対する意識が高まり


現在こうして飲み水が汲める環境を整え、地域の憩いの場となるとともに、子供達の環境学習の場として活用されています。


自然と共生して行く上でこうした人が自然に働きかけるバランスも重要であり、その見極めは難しいということを学んだ湯崎地区でした。
しかしそのバランス感覚を育んで来たのがこういう地区での生活なのでしょう。


その後は道の駅鹿島を目指して10kmほど走り本日は終了です。
そして、いよいよみかんの季節となりましたね
道の駅で150円だったので買ってみましたがなかなか美味しかったです。

というわけで今日は次なる里、五島列島へ向かうため長崎へ向かいます。
それでは、さよなら~


・まとめ

・走行距離
本日:88km
累計:9983km
(今日で1万キロ越えますね)

・出費
食費

・今日の足跡
道の駅桃山天下市~道の駅鹿島

にほんブログ村に参加しています!
クリックするとポイントが上がりますので、よかったらクリックしてください!

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。