151日目:古代米と浅茅湾

おはようございます!

昨日は対馬へ渡り最南端の集落、豆酘を目指して走った、そこには古代より受け継がれる伝統が息づいていました。

そして、島の絶景ポイントへ向かうため今度は北へ移動し、対馬ならではの風景を見るためアップダウンの続く道を走り抜けました。
それでは、151日目を振り返ります!



目次

・にほんの里100選75(豆酘)
・絶景を求めて
・まとめ

・にほんの里100選75(豆酘)

さて、本日は4時45分に厳原港へ到着
やや睡眠時間が短いので寝不足気味ですが、しばらくフェリーターミナルでブログを更新


さて、それではまず島の最南端の集落豆酘へ向かいます。


朝日が非常に眩しいです。
それぐらいいい天気でした。


そして、島名物激坂…
朝一からの上りはキツイですね


とはいうもののまだまだこんなのは序の口で、集落へはいくつかの峠を越えなければなりません。


朝日に照らされる山並みが綺麗でした。


そして、トンネルを抜けて海岸線の道に切り替わります。
ここからの眺めはなかなかでした。


美しい山の景色に心躍ります。


集落へはこのあともアップダウンが続き苦しい展開が続きます


そして、ようやく豆酘崎と豆酘の集落が見えてきました。


集落付近の山中では何やら変わった感じの木材?がありました。
あとで聞いてわかったのですが、これは蜂洞と呼ばれるもので


養蜂で言うところの巣箱ですね
丸太をくりぬいて巣箱にしたもので、ミツバチが飛んでくるのをひたすら待つそんな養蜂の仕方だそうです。


収穫量は家庭で楽しむ程度取れるようですがここ最近では島全体で収穫量を上げる研究や試行錯誤が続いているようです。

さて、続いて集落の海岸沿いを少し散策しているとまた気になるものが


これは昔ながらの船の引き上げ装置、巻桐と呼ばれるもので現在も現役なのだとか
海女漁が盛んであることもこの風景から伺うことができました。


さて、内陸へ入っていくとそこには収穫時期を迎えた黄金色の稲穂が広がる棚田があります。


そして、その棚田の中に2枚だけ赤米と呼ばれる古代米が栽培されています。


というのもここ対馬の豆酘地区では稲の原生種といわれる赤米の穀霊を神として祀る行事が一年を通じて行われています。


それでは双方見比べてみましょう。
こちらが普通の稲穂


そして、その赤米がこちらのほんのり赤く見えるのがわかるでしょうか?


旧暦1月10日に行われる「頭受け」は、天井に祭った神俵(収穫されたお米を俵に詰めたもの)を昨年の当番家「晴れ頭」から今年の当番家「受け頭」に引き継ぐという行事が一番重要なのだとか


そして、ここ豆酘は島の最南端ということもあり気候が暖かく農作物は育ちやすいそうで、他にも豆酘みかんなども栽培していると収穫作業をしているお父さんから伺いました。


そして、その赤米神事に関わりの深い多久頭魂神社へ


参道を少し歩くと


本殿に到着、集落の繁栄と旅の安全を祈ってきました。


さて、そんな伝統を受け継いでいる里を後にして再び厳原へ戻ります。


ここからも再び峠を越えていくのですが、


道中、鮎もどし自然公園へ


なめらかな水の流れに小さな滝が連続しています。
また、このあたりの地形も少し不思議な感じがします。


さて、厳原に向けて再出発です。
途中から朝通った道に合流して引き返します。
そして、累積標高はこの時点で800mとかなり足のスタミナも切れかかってきました。


イカのカーテン!
さすがにこの数だと迫力があります 笑
ちなみにスルメを作っているところだそうです。


そして、街に戻りお昼を済ませ
次なる目的地を目指します。



・絶景を求めて

さて、お昼からはとある絶景ポイントを目指して厳原を北上します。


目指すは対馬のリアス式海岸を望むことができるという烏帽子岳展望台


厳原から40kmとまあまあの距離の上、
リアス式海岸のアップダウンが襲いかかります。


100m以下のアップダウンですが、鋭い斜度が連発すると足が悲鳴をあげていました。


ちょっとザックリすぎな看板
そして、対馬全域にハングルも表示されていることに気づきます。
よくよく考えれば国境の島でしたね。


そして、半分ほど来たところで万関橋へ到達




ここから下を覗くと
これはタマひゅんものです(風も強かったこともあり)


そして、こここらラストアタックは150mまで一気に上るヒルクライム
自分でも変態じみたルートをとったことを理解し始めました…


平均斜度10%気力で上りきり、烏帽子岳展望台へ
神々しい感じに太陽が西へ沈もうとしていました。


この景色には思わず声が出てしまいましたね


小さな島がちょこちょこと
浅茅湾を見渡すことができます。


ここまで必死に来た甲斐がありました。
すごく幻想的な風景に満足し、力尽き


展望台下の公園にて本日は終了です。
そして、今日はお昼頃まで厳原を観光して
続いてまたまた離島、壱岐島へ渡ります。
それではさよなら~

・まとめ

・走行距離
本日:88km
累計:9801km

・出費
食費 1191円

・今日の足跡
厳原港~烏帽子岳展望台

にほんブログ村に参加しています!
クリックするとポイントが上がりますので、よかったらクリックしてください!

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。