142日目:雨はいつまで?

おはようございます!

昨日も相変わらず天候は優れない中での走行となりました。
西中国山地を越えてにほんの里100選、湿原と水田が共存する珍しい土地利用を行う里、八幡湿原を訪れました。

さて、それでは、142日目を振り返ります!



目次

・にほんの里100選68(八幡湿原)
・雨の中三段峡を観光
・まとめ


・にほんの里100選68(八幡湿原)

さて、本日は道の駅浜田よりスタートです!
これから9号線を走る谷合君とはここでお別れです。
どうかお気をつけて!


そして、私はというと186号線で広島県を目指します。
とりあえずは700mまで高度を上げていきます。


すると早速登坂車線、今回の峠は正直このはじめの上りが一番辛かったです。


しばらく、平坦はなく厳しい斜度の坂が続きました。


標高150mでこの有様です。
この後が心配でしたが、峠越えしているときは雨は降らなかったのが幸いでした。


ここからは思ったよりも楽に上ることができ、どんどん進みます。


霧煙る集落


久しぶりのスノーシェルター


そして、ようやく700mまで高度を上げ、広島県に突入です。


雪のないスキー場ってなかなか新鮮味があっていいですね


そして、ここから里まではもう150mの上って到着です。


このトンネルを抜け


少し、わかりにくいのですが湿原が広がります。


また、湿原の近くには水田が広がり、黄金色に染まる稲穂が収穫を待っていました。


この里の特徴は湿原と水田が共存していることでまたかつてはこの集落の水田部分は湖で、また高度が800mと冷涼や気候などの条件から湿原が形成されました。


湿原は北海道で多く見られるように冷涼な気候が植物の腐敗を遅らせそれが層に積み重なることで泥炭を形成し、沼のような土壌を形成します。


そして、湿原は自然のダムの役割を果たしたり、湿度、気温の調整、多くの生物の住処となりました。


また、湿原に生えるススキ類は茅葺きの屋根に使用され、資源を無駄なく使用してきました。


そして、現在湿原とともに擬似的な沼とも言うことができる水田が共存しています。
そこには様々な生物が生息しています。

中でも気になったのは秋にも拘らず咲いていたカキツバタ、湿原いっぱいに咲いていました。


休耕田が増えてきたことを理由にかつてこの地で咲いていたカキツバタを植えることで環境を保全するどけでなく


観光スポットとしてアピールしてきたとお聞きしました。
また、環境保全の活動について八幡湿原のすぐそばの山の草原を守る活動も行っているとのことで少しお聞きしてきました。


かつて、草原は火入れ、放牧、採草という形で人の営みに組み込まれ、明治時代には国土の3割は草原だったとも言われるほど盛んに利用されました。


また、この草原も多くの生物の住処となっています。それが、草原が利用されなくなり、どんどん木々の進出を許したために草原に住む種がかなり減ってしまったと


そこで、今なお残る八幡湿原のほど近くの雲月山の草原をかつての方法で野焼きを行い環境を保全しているとのことです。


野焼きをすることで得られる里の恵み、山菜も里人の知恵でした。
とくに東北地方のマタギの里では多く見られることができた知恵です。


そして、お話を伺いお礼を述べた後
雨がぱらついてきたので、集落内のバス停でお昼ご飯を食べ雨が止むのを待ちました。



・雨の中三段峡を観光

そして、雨が弱まった頃合いを見て八幡湿原を後にします。


この後は安芸太田市を目指して、しばらくアップダウンに耐えて


雨の降る中下っていきます。


そして、しばらく下り三段峡へ到着
全部を回ると2時間(往復)かかってしまうので今回は赤滝というところまで見て回ることにします。


未だに雨は降り続いていますがレッツゴー!(この時割とテンションおかしい感じでした。)


やっぱり自然の中にいる時は落ち着きますね


すると左手に滝が出てきました。
姉妹滝というそうです。


雨なので苔がいい具合に


川幅が狭くなるところでは迫力が増してきます。


そして、竜の口と呼ばれる
水流に激しさが増してくる淵

きっと紅葉の時期にはすごく綺麗なんでしょうね…
あと、天気…


そして、引き返し地点の赤滝へ到着
何が赤いのかというと岩が赤くなっているようです。

そして、その後雨は激しさを増してきたので少し休憩所で休み、道の駅とごうちを目指して下りました。


そして、道の駅の売店で何やら美味しそうな鶏の炙り焼きと天むすが売っていたので今日のご褒美ということで購入(^^)


鶏は皮がパリパリで塩加減も良く、天むすは間違いなく美味しかったです。
というわけでご褒美でお腹を満たして本日は道の駅とごうちにて終了です。

そして、本日は次なる里を目指すため瀬戸内海へ下り、山口県を目指します。
次は祝島と言う島へ予定では明日の訪問となります。

それでは、さよなら~


・まとめ

・走行距離
本日:75km
累計:9189km

・出費
食費 1350円

・今日の足跡
道の駅浜田~道の駅とごうち

にほんブログ村に参加しています!
クリックするとポイントが上がりますので、よかったらクリックしてください!

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

おじさんは道の駅・浜田から西へは散歩した事が無いので、ひろ君の画を参考に散歩のイメージをしています。 西の方は天気が良くないようですね・。 山村地区がメインの旅と思うので走行や体調に注意して下さい・・。  ランキングが上がってきたようだね・・。 頑張れー。 

Re: No title

常陸の圀より日本を散歩さん>
コメント返信大変遅くなりすいませんm(_ _)m
今回は浜田より広島県へ抜けてしまったのですが、海沿いもきっといい景色だったのではないでしょうか
そして、里を回る以上は山は避けて通れませんが
今日も山を越えて里に向かっています。
常々注意深く走行にも気をつけます!
コメントありがとうございますm(_ _)m
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。