134日目:港町竹野

おはようございます!

さて、昨日はようやく天気の方も良くなってきて気持ち良く走れるようになりました。

昨日はてんぷらさん宅で起床し、港町竹野を散策し、少し遅めの出発で鳥取方面を目指しました。

道中では余部橋梁などの見どころを押さえつつ走りました。
それでは、134日目を振り返ります。



目次

・港町竹野
・大きな大きな余部橋梁
・まとめ


・港町竹野

本日は昨晩よりお世話になっているてんぷらさん宅にて起床、安心してぐっすりと眠ることができました。
そして、てんぷらさんは漁に出かけるためketa-Gさんと私はブログを更新しながらお留守番です。

その後、漁から帰ってきたてんぷらさんから魚の選別の作業を見学させていただけることになったので、keta-Gさんと一緒に見に行くことに


今日も午前中は天候が優れず雨が降る場面も


そして、てんぷらさんたちを乗せた船が帰ってきました!


漁の結果はいかに!?
網の中にはたくさんの魚が入っています!


そして、次は選別作業を見学させてもらいました。


さわらを中心にアジ、カマス、カワハギ、中には小さなサメも紛れ込んでいました。


そして、それを瞬時に大きさで選別するお母さん方がなかなかワイルドでした。
さわらが宙を舞うくらいには


一回の漁で本当にたくさんの魚が上がっていましたが、これでも普通くらいなんだそうです。
(てんぷらさんも作業にあたっています。)


そして、漁を見学した後はketa-Gさんと一緒に少し町を歩いていました。
ここ竹野も北前船で栄えた町のようで日本海側の港町特有の焼き杉板の家が立ち並びます。


焼杉は杉の表面を炭化させることで着火性を押さえ、耐火機能を上げ、またあらかじめ油に浸しているため油膜が塩分を含む風や雪から木材を長持ちさせるという先人の知恵でもあります。


そして、これは日本海側の港町でよく見られる光景でこれまでもいろんなところで見てきました。
その後は出発に備えて準備をして、
いよいよ、てんぷらさんともお別れです。


大変お世話になり、ありがとうございましたm(_ _)m
というわけで出発です!

※撮影 てんぷらさん

山陰の海岸線を鳥取方面へ走ります。
この辺りはアップダウンが多くてなかなか苦しい展開が続きましたが、景色は綺麗でした。

そして、よ う や く 晴れました!
本当に何日ぶりと言わんばかりの太陽です。


そして、昼食を挟んでとある観光スポットへ



・大きな大きな余部橋梁

さて、次にやってきたのは余部橋梁及び余部駅です。


かつては赤い鉄橋を電車が走っていましたが、現在はコンクリートの橋梁に置き換えられています。


高さは41mと山陰海岸に合わせてこの高さで建設され、1912年から2010年までおよそ一世紀に渡って使用されました。


そして、現在は鉄橋の脚が3つ残されその上が展望台となっています。


すると、電車が来たようなので撮影を試みます。


少し遊び心を加えて


そして、日本海をバックに橋梁を撮ることができるスポットへ移動します。
ここからの眺めもなかなか絵になります。


するとまた電車がやって来たので撮影を試みます。
という感じでかなり満喫していました。


さて、余部を出発して鳥取方面へ向かいます。
余部の町は黒瓦の屋根で統一されていて見応えがありました。


そして、出発して峠を責めるのですが、
すごい急勾配の階段のある神社が…
自転車を置くところがなかったので写真だけ


そして、この頃には青空が広がり久しぶりに気持ちよく走ることができました。


港町の情景


そして、やっぱり日本海は海が綺麗で気分も爽快です。


そんな気分で走りながら、鳥取県に入りました!


そして、その後はまた明日から少し山奥に入って行くので食料の補給、洗濯、自転車のスプロケットの交換をするため鳥取市内のイオンへ


そして、すべての準備を整え本日は鳥取砂丘にほど近い柳茶屋キャンプ場にて終了です。


明日はにほんの里100選の西谷新田、阿波を訪れる予定となっています。
久々の大きな峠を越えが待っていますが頑張りたいと思います!

それではさよなら~


・まとめ

・走行距離
本日:75km
累計:8668km

・出費
食費 1300円
スプロケット交換 1080円

合計 2380円

・今日の足跡
てんぷらさん宅~柳茶屋キャンプ場

にほんブログ村に参加しています!
クリックするとポイントが上がりますので、よかったらクリックしてください!

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

良い天気になったようだね・。お彼岸で数日、ブログ見なかったが余部までたどり着いたんだね・。 おじさんも先月に、逆コースでしたが
砂丘から余部を三歩しました。ひと月前ですが懐かしい画が見られました。 道の駅の上に空の駅があるね。旧鉄橋は途中まで散歩出来ましたが、おじさん、高いところ苦手なので苦戦しました。  いい旅を・・。

余部鉄橋

ひろなおさん、お久しぶりです。
余市と小樽でお会いしたZIL520黒猫です。
びわ湖周辺を通られるなら家に寄って頂こうと思っていたら…いつの間にか通りすぎられたというか、通られなかったんですね。気づくのが遅くて残念!ゴメンなさいね。
余部鉄橋は去年ZIL520で見に行きました。
余部鉄橋と言えばもう何十年も前になりますが、台風の日に突風であの赤い橋梁から電車が落ちて多くの犠牲者が出たのを思い出します。
この先も気を付けて旅を続けて下さいね。

Re: No title

常陸の圀より日本を散歩さん>

はい、
ようやく天候が良くなり、走りやすい日々が続いています。
余部橋梁も素晴らしかったですがその下に広がる街並み特に黒瓦で統一された景観は素晴らしかったです。

そして、高いところが苦手だったのですね…
なかなか、あそこは厳しかったのではないでしょうか?
これからもあちこち散歩してきてくださいね(^^)
いつも応援ありがとうございます!

Re: 余部鉄橋

黒猫さん>

お返事遅くなりすいません。
そして、お久しぶりです!小樽では差し入れを頂きありがとうございました。
実は彦根周辺は出発して3日目か4日目で通っていたもので今回は湖西より日本海を目指しました。

余部鉄橋の事故については道の駅にも展示があり、慰霊碑がありましたので手を合わせてきました。
そして、応援ありがとうございます!
今後とも安全運転で頑張ります(^^)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。