113日目:蘇る棚田

おはようございます!

昨日はにほんの里100選、静岡県松崎町は石部地区へ訪れ、荒廃していた棚田をオーナー制度を用いて復活させた棚田について町の地域起こし協力隊の方やオーナーさんに伺いました。

そして、その後は伊豆半島を脱出すべく西伊豆を北上して、土肥の少し北の戸田というところまで進みました。

さて、それでは、113日目を振り返ります!



目次

・にほんの里100選(石部)
・運命的出会い!?
・まとめ


・にほんの里100選(石部)

本日は道の駅湯の花下賀茂温泉よりスタートです!


まずはにほんの里100選の石部地区へむかいます。


海岸沿いの国道136号を行くのですが、なかなかのアップダウンに朝から大汗を流して進みます。


上れば景色が綺麗なので時折止まって景色を眺めます。


さらに上って夕日が丘からの景色
西伊豆ということでその名の通り
夕日が綺麗なんだそうです。


どうやら石部地区を有する松崎町は
日本で最も美しい里連合に加盟されているようです。
期待が高まります。


そして、まず石部の棚田の展望台へ行ってみるも
うーん、棚田があまり見えませんな


ということで凄い下りの農道を自転車を押して棚田が見えるところまで下ります。
すると、想像以上に立派な棚田がそこにはありました。


山の斜面を利用して、土壌が流れ出ないように石垣を積み上げられているのが特徴です。


すると、棚田の周りの沢山の家族連れの方と農作業をしている方々の姿が見られました。

前者は東京からツアーで来られたご家族、後者はここの棚田のオーナーさん達でした。


そうここの棚田はオーナー制度を活用しています。
さて、オーナー制度とはいわゆる農作業を体験できる投資と言えばわかりやすいでしょうか

ここで行われているオーナー制度は棚田を一つ、一口として金額でオーナーになることができ、田植え、稲刈りを参加を義務付けられますが


農作業を体験できさらには収穫されたお米が送られてくるというもので現在は100人程のオーナーさんがいらっしゃいます。


そして、本日はたまたまオーナーさんが任意参加の草刈り作業の日でオーナーさんにお話を伺うこともできました。


こちらの方は神奈川にお住いの方で休日はこの石部で過ごしているそうで、
きっかけはバイクでのツーリングでここを訪れ綺麗な棚田の景色を見てオーナーさんになられたそうです。


また、5月には畦にキャンドルが設置されそれは幻想的な光景が広がります。
その後、この松崎町の地域起こし協力隊の方にお話を伺いました。


ここの棚田は標高100mから200mほどのところにあるため労力は通常の水田に比べ2倍高齢化の進むこの地区では棚田を維持できなくなり、棚田が荒れていきました。
(写真は野焼きをして棚田の土を殺菌しています。)


さらに棚田は景観的には優れますが、その収量はという通常の水田1/2ほどと生産性が悪くそのまま売れば大赤字もいいところというのが現状です。


そこで、オーナー制度を導入することで棚田を維持してくための労力とお金を賄うことができます。


オーナー制度は各地で導入されておりこれまでに回った里でも導入されているところは沢山ありました。

そして、棚田が維持されることでその景観を求めて足を運んでくれるお客さんが増えるといった具合にうまく地域おこしに組み込まれていることがわかりました。


しかし、オーナー制度にも限度があります。(オーナーさんが全ての作業をするわけではないので)

基本的に作業をするのは地元の農家の方です。
その農家の方々はご高齢の方が多く、大きな分岐点に立たされていると地域おこし協力隊の方は仰っていました。


やはり里のこれからのあり方については本当に大きな分岐点に立たされていることを再び実感しました。

ここからはここの景色を見てふと思ったことを少し綴りたいと思います。

適度に人の手の入った自然の景色というのは何か温かみを感じるような気がします。
それがにほんの原風景と呼ばれる昔懐かしい風景なのではないでしょうか


とオーナー制度からは外れていますが私がこの里で感じたのはそういった自然の温もりでした。

さて、帰り際オーナーさんに応援の品まで頂き、石部を後にします。
お話をしてくださった皆さんありがとうございましたm(_ _)m





・運命的出会い!?

さて、松崎町石部を後にした私が次に向かったのは天窓洞、ここも天井にぽっかりと空いた穴が特徴の洞窟なのですが、とある方と待ち合わせをしていました。


とある方とは私の所属していた探検部の一つ上の先輩のみおさん
伊豆半島にいると駆けつけてくださいました!


というわけで天窓洞を見学しに行きますが、今日は遊覧船は出ていませんでしたT_T


みおさんとは探検部の副代表つながりで大変お世話になった先輩で、お互い近況を話し合いながら観光します。


そして、こちらが天窓洞
ぽっかりと穴が空いています!
本当にどうしてこうなったのか不思議ですね~


大学の知り合いに会うのは福井以来でしたので話も弾み楽しく観光できました。


そして、別れ際に沢山の差し入れを頂き、
別れの挨拶をして1時間後…
まさかの恋人岬で再会 笑

これにはお互い笑うしかなく
運命的出会いですね! 笑
などと冗談を交わし、本当にお別れです。
短い時間ですが楽しかったです!ありがとうございましたm(_ _)m


そして、本日の寝床候補地の道の駅を目指すのですがここで愛用している自転車ナビタイムの裏切りが…


目的地までの高低差が表示されるのですが
最高42m楽勝だなと思っていたのが


なんと、気がつけば5倍の高度に…
ルートはナビタイムの通りに行ってるのに
これはさすがにハメられましたね、今朝から相当アップダウンを繰り返していただけに体はボロボロです。


しまいには雨も降り出す始末
試されているのでしょうね


というわけで東京湾フェリーでお世話になった佐藤さんに頂いた栄養ゼリーでドーピングを施し踏ん張ります。


そして、本日は道の駅戸田にて終了です。
温泉のある道の駅だったので疲れを癒して明日は伊豆半島を脱出して台風に備えたいと思います。

それでは、さよなら~


・まとめ

・走行距離
本日:68km
累計:7031km

・出費
食費 503円
お風呂 500円

合計 1003円

・今日の足跡
道の駅下賀茂~道の駅戸田

にほんブログ村に参加しています!
クリックするとポイントが上がりますので、よかったらクリックしてください!

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

伊豆半島は無事に終えたようだね・・。時折画にお馬さんのマスコットが出てきますがマイ・キャラかな?。  数年前にピカチューと一緒に自転車で旅をしていた青年と能登で出会い、その後も幾度となく応援していた時期があったかなぁ。 はやり、自分の子供が旅をしているようで応援したくなりました。  台風は東北地方に上陸するようですが、静岡の海沿いルートは十分に注意して下さい。  また、山岳ルートもね・・。

Re: No title

常陸の圀から日本を散歩さん>

またまた、返信が遅くなりすいません。
そうですね、ちょこちょこ登場するのは帯広のばんえい競馬場から連れて来た、ばんちゃんです 笑
一応、マスコットキャラクターのつもりですがまだまだキャラが確立されていないのでどうしようか考え中です。

そして、いつもコメントから応援ありがとうございます!
明日に遠山郷へ向かう予定で、その後もしばらく山の中をさまようのど道路には気をつけます!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。