110日目:里山の循環型社会

おはようございます!
失敗から学ばない男、ひろなおです。

さて、昨日は鎌倉市内の公園から鶴岡八幡宮をお参りして、海沿いの情緒溢れる江ノ島の海岸を走り、江ノ島を観光した後、小田原に向かったわけですが、

その小田原で急展開を迎えました。
またしても里の取りこぼしに気づかず先に進み掛けていたところTwitterの方でコメントがあり気づくことができ、再び鎌倉市を通り過ぎ、葉山町上山口へ訪れました。

さて、そんなすっとこどっこいの110日目を振り返ります。



目次

・鶴岡八幡宮と江ノ島
・にほんの里100選(上山口)
・まとめ


・鶴岡八幡宮と江ノ島

本日は鎌倉市内の公園よりスタートです!
朝焼けが幻想的な景色を作り出していました。


まず向かったのは鎌倉幕府初代将軍源頼朝ゆかりの鶴岡八幡宮です。
大きな朱色の鳥居が出迎えてくれます。


さらにもうひとつ!
ここからはお宮の境内となります。


かなり広々とした境内です。
また、朝早くなので空気がひんやりとしています。


そして、この階段を登りきると本殿です。


鶴岡八幡宮は子宝や縁結びにご利益があるそうで、鎌倉武士の守護神であったことから男性の参拝客も多いそうです。
(全く知りませんでした)


さて、お宮を参拝した後は鎌倉の町をぶらぶらと少し気になったのがこの市場


カラフルな見た目と美味しさからブランドとなった鎌倉野菜が格安で販売されていました。
本当に色とりどりの野菜が並び、どれも美味しそうでした(^^)


さて、次に向かったのは江ノ島とその前にしばしばドラマの撮影やアニメの舞台となる江ノ電の撮影ポイントを回ることにします。


湘南の海はサーファーでいっぱいで、気持ち良さそうに波に乗っていました。


訪れたのは江ノ電鎌倉高校前駅の踏切
定番のスポットですね


駅舎も雰囲気出ていて、画になりますね


そして、駅構内から一枚


目の前に海が広がる駅舎、いかにも夏っぽいですね


駅周辺で撮った坂と入道雲


そして、最後に江ノ電の車両


さて、この後はいよいよ江ノ島へ向かいます。
江ノ島は一度来たことはあるのですが、夏の雰囲気を楽しみたくなったので立ち寄ることに


江ノ島の入り口はこのように鳥居が立っています。


江ノ島には日本三大弁財天の一つである江ノ島神社があり、参道にはお土産屋さんや御食事処が並び


その神社は田寸津比賣命を祀る「辺津宮」


市寸島比賣命を祀る「中津宮」


中津宮は恋愛成就のご利益があるそうですよー(棒)


そして、多紀理比賣命を祀る「奥津宮」の 三社からなる御社で構成されていて


その参道の雰囲気は趣きがあって、落ち着く空間です。


どこか懐かしいようなそんな雰囲気です。


そして、道中の見晴らしのいいところでは湘南の海と街を一望できます。


島の裏側までやってきました。


裏側は岩場となっていて伊豆半島方面を見渡すことができます。




平日だったので思ったよりも観光客がいなかったので雰囲気を味わいながら散策することができました。


そして、小田原に向けて出発します。


小田原までの区間は本当に走りやすくいいペースで走れました。

そんな中小田原まで一歩手前で、親切なお母さんと出会いました。
初めはなんと道路を走っているとこらから声をかけていただき、

なんと行きつけの中華料理店でお昼をご馳走してくれることになりました。


話を聞くと以前、お母さんの息子さんもこうして親切にしてくれたことがあったからと声をかけて下さったそうです。
そして、旅の話をしながら、美味しい中華料理を頂きました!

特に麻婆豆腐は絶品でした。
たくさんご馳走していただき本当にありがとうございましたm(_ _)m


そんなお母さんと別れた後事態は急変します。


・にほんの里100選(上山口)

再び、里を取りこぼすというミスが発覚しました。

それもTwitterで応援してくれてる方からのコメントで気づくという…
恐らく、焦りが出ていたのでしょう

群馬でも取りこぼしをしていたので気をつけていたつもりですがここに来て痛いミスです。

なにせ、往復100kmのロスですからね
というとわけで来た道をひたすら戻り
神奈川県は葉山町上山口地区へ訪れました。


ここは物質の循環する循環型の社会が現代にも残る里として紹介されています。


それでは散策していきます。
この地区の特徴は山に斜面に設けられた、不整形の棚田


そして、ここでは現代では珍しい畦豆が栽培されていました。


畦豆とは田んぼの畦に大豆などのマメ科の植物を植えることで、その根に生息する根粒菌の作用により、植物の三大栄養素の一つ窒素を供給する里人の知恵です。


こちらも開発が進んだ関東圏の中では珍しいとされる棚田で、この地区もどんどん開発の手が伸び、かつての風景とはかなり変わったと近所の方からお伺いすることができました。


また、この地域では葉山牛と呼ばれるブランド牛が飼育されていて、その飼料にこの棚田の稲の藁が用いられ、


そして、その牛の糞を堆肥としてこの地域の畑に用いられているとのことで地域全体で物質の循環を促しているそんな里でした。


やはり、これから持続可能な社会を目指すのであればこういった里山から多くのことを学ぶことができます。

特に物質の循環というのは里山独自の知恵が詰まっていて、これを現代社会に組み込むことで今の暮らしをより持続可能な暮らしにしていけるのではないかと

私は日々具体的な方法を知恵を得ながら模索しています。
(なかなか、いい案は浮かばないのですがね)

そうして、自然との共生を実現できればと思います。
さて、思わぬミスで本日は再び今朝の公園でもう一晩過ごすことになりました。

そして、今日こそは伊豆半島に突入し、伊東市まで進める予定です。

それでは、さよなら~


・まとめ

・走行距離
本日:104km
累計:6803km

・出費
食費 526円

・今日の足跡
鎌倉海浜公園~小田原~葉山町~鎌倉海浜公園

にほんブログ村に参加しています!
クリックするとポイントが上がりますので、よかったらクリックしてください!

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。