103日目:山中の隠れ里

おはようございます!

昨日は大雨警報がずっと出ていた大子町でお昼過ぎまで雨に降られ道の駅から身動きが取れず、それまでは道の駅で留まっていました。

そして、雨が止んだ16:00頃から次なる里をめぐってきました!

さて、それでは103日目を振り返ります!



目次

・にほんの里100選(持方)
・まとめ


・にほんの里100選(持方)

おはようございます!
本日は道の駅奥久慈だいごの軒先で起床、
朝起きるとご覧の雨模様、


朝からテンションが下がっていたところ、車中泊で旅している方から朝食のお誘いを受けて、たくさんご馳走してもらいました!


かつてはバイクで日本一周したというお父さんからいろんな旅の話を聞かせてもらいました。
朝食ご馳走さまでした!

そして、道の駅がオープンしてからはずっと中のイスでぐったり
天気も良くなる気配がありません。


さて、こんな時前までは本を読んだりしていたのですが、あいにく愛読書は一読してしまったので、旅が終わった後に公開予定の里のまとめを作ったり、

こう見えても、来年は就活生なので
余った時間は有効に使おうということで、
自己分析をしてみたり、

ずいぶん長い間雨が上がるのを待ちましたが、どうも止む気配がなく
お昼ご飯を食べることに
(最近のお気に入りハムサンドセット)


そして、ようやく雨が上がり
雨雲も消え始めたのが16:00ごろ
明日の行程を考え、この時間から15kmの里を目指しました。


目指す持方集落は周りは山に囲まれた秘境の地と情報を得ていたので、厳しい山道は予想していたのですが、思いのほか厳しい山道となりました。


集落の入り口へ向かう国道でこの斜度…
しかし、これはまだ序の口で


集落への入り口へ差し掛かると、看板はありませんが推定10%以上の激坂が2kmほど続きます。


そして、この光景を見て心が折れました…
手押しで坂を上った里はこれで2ヶ所目です。
1回目はは岐阜県の神岡町山之村です。


こうなってくるとギアを一番軽くしても、
上れないんです。
そして、なんとか集落の入り口にたどり着き、


自転車を置いて散策します。


この里の第一印象は山中の隠れ里
前情報より山々に囲まれているということでしたが想像以上の秘境でした。


周りが緑で生いしげり、急な斜面で栽培される野菜、それに沿うようにして立つ家々


また、中にはかなり古そうな建物も…


そして、運良く出会った散歩中のおじいさんからこの里について聞きました。
ここでは在来種のこんにゃく芋の栽培が盛んとのことで、こちらがこんにゃく芋の畑で、


こんにゃく芋の葉や茎はこんな感じになっています。
こんにゃく芋の存在は以前から知るものでありましたが、実際に見たのは初めてです。


これを聞くまでは、山菜か何かの植物が伸びてきたのかなと思っていましたが、実はこんにゃく芋でした。


さて、そんなこんにゃく芋は100年前ほどから栽培されていて、集落の日々の食事や冠婚葬祭には欠かせない食べ物でありました。


また、こんにゃく芋は非常にデリケートな作物で、水はけの良い山の斜面で栽培されることが多く


水田なども見られなかったこの集落だからこそ、生活を支える作物としてこんにゃく芋が栽培されてきたことが分かりました。


また、在来種で作り上げるこんにゃくは弾力が強いのが特徴なのだとか、他にも野菜はとうもろこし、かぼちゃなどか盛んに栽培されているようです。


そんな持方集落から自給自足で生きる人々の知恵を学び、再び道の駅に戻ります。


なかなかえらいところを上ってきてたようです。
行きではどうしても上るのに必死になってしまって景色を見る余裕がありませんので帰りにいつも気づかされます。




さて、元来た道を戻り、道の駅に併設されている温泉に入って、


その後、リトルカブで旅をしている方と一緒に夜ご飯を食べて、談笑して本日は終了です。

そして、今日はにほんの里100選、栃木県は西下ヶ橋へ訪れ、お昼には宇都宮餃子を食べに行きたいと思います!
それではさよなら~


・まとめ

・走行距離
本日:31km
累計:6328km

・出費
食費 436円
お風呂 500円

合計 936円

・今日の足跡
道の駅奥久慈だいご~持方集落~道の駅奥久慈だいご
にほんブログ村に参加しています!
クリックするとポイントが上がりますので、よかったらクリックしてください!

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

奥久慈・男体山の麓の持方集落、良く行きましたね・・。相当な体力を使ったと思います。お疲れ様・・。今頃は宇都宮で餃子を食べて夢の中ですかね・。 ここまで来たのなら世界遺産の日光の杜をお勧めします。 神橋、東照宮など。 また、体力が残っていたなら、いろは坂を上って日本三大名瀑の華厳の滝も。 くれぐれも無理せず・・ですよ。 ちなみにおじさんは明日、温泉博士をもって奥日光湯元温泉へ散歩です。

Re: No title

常陸の圀からにほんを散歩さん>

たくさんの見どころを教えていただきありがとうございます。
しかし、里巡りのルートの関係で今回はいずれもスルーとなりました。
またの機会に訪れたいと思います。

また、今日はお出かけということで湯っくり楽しんできてください!(^^)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。