76日目:湿原を守る里

おはようございます!

本日は久しぶりに(北海道が広い)にほんの里100選の浜中町霧多布湿原へ訪れ、
ナショナルトラストにより湿原を保全するNPO法人の方にお話を伺いました。

その後は厚岸を経て、再びさたちゃんさん、ぽちさん、テッペーさん、コータさんと合流して釧路まで進みました。

それでは76日目を振り返ります!



目次

・にほんの里100選(浜中町霧多布湿原)
・絶景!あやめヶ原
・まとめ


・にほんの里100選(霧多布湿原)

本日は霧多布岬キャンプ場よりさたちゃんさん、ぽちさん、テッペーさん、コータさんと途中までご一緒します。


まずはキャンプ場近くの岬の灯台を散策します。


灯台付近は原生花園のような光景が広がり
エゾカンゾウや


エゾフウロなどの花が咲き乱れていました。


岬の灯台は納沙布岬の灯台に似ていました。


岬からの風景もいい感じです。


その後、私は霧多布湿原の保全について学ぶため皆さんとはここで一旦お別れです。

※撮影 さたちゃんさん

その後、霧多布湿原の保全を行っている
NPO法人霧多布湿原トラストへ訪れました。

そして、スタッフの方から湿原の保全についてお話を伺いました。

さて、まずは湿原について少し説明しておきます。
湿原というと花や緑が綺麗で表面的なイメージが強いですが、湿原は大きな役割を果たしています。


多くの生物の生息地となるだけでなく、海と森をつなぎ、湿原で蓄えられたミネラルは川によって海へ流れ出し豊かな海に


そして、有害物質をろ過し、また水分を貯めるダムとなり、 夏の気温を冬まで蓄えるカイロとなり、さらには大気の温度や湿度まで調整する役割まで持っています。


そして、この湿原を保全する活動にナショナルトラストというものがあります。

私が訪れたNPO法人霧多布湿原トラストではかつては湿原だった土地を買い、再び湿原に戻す活動が行われていて
(こういった活動をナショナルトラストと言います。)


その活動についてお話を伺いました。
聞くところによるとNPO法人になる前、つまりは30年前からこの活動が始められ


子供たちが身近に自然に触れ合える場所を作りたい、そしてかつての自然の姿を取り戻したいというと思いから始まったこの活動


初めはいきなり土地を買い上げる訳でなく地主からお借りして、
実験的に土地を湿原に戻すなどの実績を積み上げ、10年の歳月をかけてその活動が周知のものとなり


15年目でNPO法人として認定され、現在では多くの協賛企業も参加している事業となりました。


事業の具体的な内容として、先ほど紹介したナショナルトラスト運動を軸に、


地域の自然や壊れた湿原を再生する活動として燃料革命により手つかずとなった湿原の奥の森林の保全を行ったり


環境教育やエコツアーにより霧多布湿原のファンを増やす活動として、海と湿原と森の繋がりを知ってもらうため地元の漁師さんを巻き込んで町ぐるみでのイベントの開催しています。


また、最近では昆布干し場として埋め立てられた土地をかつての湿原に戻す実験も行われていて、依然として活動は活発に行われています。


この活動により湿原が保全されそして、湿原の保全は海を守ることにも繋がります。
この活動は非常に興味深いものとなりました。
今後も動向を見守っていきたいと思います。


そして、その後は整備された木道を進み
湿原に咲く花を楽しみ
霧多布湿原を後にします。



・絶景あやめヶ原

霧多布湿原を後にし、南のルートから厚岸を目指します!


少し上った展望台からは霧多布湿原と街が一望できます。


しかし、昆布干し場が埋め立て地であるところもあるのには驚きでした。
埋め立てされた土地も元の湿原に戻すには7年近くかかったともお話を伺いました。


道中も壮大な景色が広がる道が続きます。




そして、厚岸まで残り10kmとしたところであやめヶ原という場所を見つけたので
少し寄り道します。


あやめが咲き誇る場所とのことでしたが
季節的に少し遅かった模様しかし岬への道中には放牧されている馬がたくさんいます。


しかもめっちゃ近くで見れます!


そして、さらに岬の先端を目指します。


そして岬のからの景色がこちら!






パノラマで一枚!


ここの景色は私にとって旅の中でもトップクラスのものでした。


まさかこんな風景に出会えるとは思っていなかったので感動してしまいました。


思わぬ形で絶景に巡り合ったあやめヶ原を後にして厚岸を目指します。
この南のルートはややアップダウンがありますが、晴れていれば是非行ってもらいたいスポットです。


そして、ここからは下り基調に転じて


14時過ぎに遅めのお昼ご飯を食べて
再出発です。


すると前方に見覚えのある服装のお二人が!
コータさんとさたちゃんさんに再び合流しました。
どうやらコータさんの自転車がパンクしてしまったようです。

パンクを直して再び、ぽちさん、テッペーさんとも合流して再出発です。


ここからは小さな峠を越えて釧路市へ
本日は銀鱗荘というライダーハウスで泊まります。


そして、本日は釧路霧フェスティバルというお祭りが開かれていて、ゲストの歌手の華原朋美さんを一目見に行くことに!

※撮影 ぽちさん

そして、ステージの会場付近はこの人の集まりよう


また、お祭りも大賑わいのようで人ごみに負けて撤退して、本日は終了です。



・まとめ

・走行距離
本日:90km
累計:4949

・出費
食費 1245円
ライダーハウス1100円

合計 2345円

・今日の足跡
霧多布湿原~厚岸~釧路市~銀鱗荘

にほんブログ村に参加しています!
クリックするとポイントが上がりますので、よかったらクリックしてください!
皆様のおかげで現在4位です!
いつもありがとうございます!

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。