74日目:東へ大爆走!

おはようございます!

昨日は羅臼より最東端納沙布岬を目指すべく、コータさんと共に大爆走していました。

それでは最長距離を更新した74日目を振り返ります!


目次

・東へ大爆走!
・不思議な景観広がる春国岱
・まとめ


・東へ大爆走!

本日は2日間お世話になったライダーハウス浜っこやまちゃんを後にしてコータさんと一緒に納沙布岬を目指すべく根室市方面を目指します!


朝食は北海道でお世話になりまくっているセイコマで頂きいざ出発です。


走行開始よりコータさんに先頭をお任せしました。


平均速度20kmオーバーのハイペースで標津町へ


少し見にくいですが、奥には国後島がすぐ近くにあります。
未だに返還が実現されない北方四島のひとつです。


その近くではカモメ?の大群
テトラポッドは満席状態でした。


そして、出発より60km地点の道の駅おだいとうで休憩を挟みます。


ここでは北方領土の問題についての展示があり、歴史的背景から現在までの外交交渉など分かりやすく展示されています。


展示の中で外交交渉は進められているが進展があまりの見られないと私は感じました。

島民たちの子供は現在3世代目ということもあり時間を引き伸ばせばうやむやになりそうで、早期解決が求められているのもこの展示から感じました。


また道外の人であってもこうして北方領土のことについて知ることで返還への力になると思います。
難しい問題ではありますが、早期解決されることを祈ります。


そして、道の駅を出発してしばらく
コータさんが何か見つけたようです。


なんと、海岸にオジロワシが!


それも近くに5、6羽いて
大きな翼を羽ばたかせて飛んで行きました。
こんな出会いも北海道ならではですね
私もテンションが上がり、先に進みます。


相変わらずの爆走を続け一時は時速30kmをマークしついに根室市へ


そして、ついには午前中だけで100kmを漕ぎ、セイコマで昼食をとります。
ネコに見つめられながらの食事でした。


どうやら餌をくれないと相手してくれないようです 笑



・不思議な景観広がる春国岱

そして、お昼からはとあるスポットへ向かうべく根室市街方面へ向かいます。


不思議な光景が広がるとされる春国岱へ爆走し1時間ほどで到着!


それでは春国岱を散策します。


立ち枯れの木々が残る林までは砂利道を経て木道を歩きます。


春国岱は海流によって形成された砂州が砂丘となり
狭い範囲に森林、草原、湿原が存在する特殊な自然環境で


特にこの地域のような例は世界でもたった2例しかないと言われています。


立ち枯れした松はまるで北欧の森林を彷彿とさせます。


そして、このあたりを流れているのは海水なのにもかかわらず草木が生い茂っているのが不思議でまた後日まとめてみたいと思います。


そして、春国岱を後にして根室市街へ向かい、稚内以来のぽちさん、クリオネキャンプ場以来のさたちゃんさん、テッペーさんと再び合流して
ライダーハウスインディアンサマーカンパニーへ


ここのライダーハウスは1300円で夕食にカニを食べると宿泊代が無料になるということで


チャリダーが集まればやることは一つです!
皆さんと楽しく過ごして本日は終了です。
たくさん笑わせてもらいました(^^)


そして、今日は最東端納沙布岬を目指します!
そして、その後はにほんの里100選、浜中町を目指したいと思います。
それではさよなら~


・まとめ

・走行距離
本日:140km(走りすぎ!!)
累計:4732km

・出費
ライダーハウス 1300円
食費 424円

合計 1724円

・今日の足跡
羅臼町~標津町~根室市~インディアンサマーカンパニー

にほんブログ村に参加しています!
クリックするとポイントが上がりますので、よかったらクリックしてください!
皆様ののおかげで現在5位です!
いつもありがとうございます!

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。