【予習編3】 里の魅力紹介します!

こんばんは、ルマンドを中身を見ずに全力で開けてしまい床にばらまき、掃除に追われていましたひろなおです。
今回も予習編ということで、興味がない人はスルーしちゃってください!(本当は見てほしかったりするけど)

予習編タイトル
      ↑
きのこ、たけのこ論争?そんなことはどうだっていい!
ルマンドこそ至高(^○^)なんちゃって(笑)

くだらない茶番失礼いたしました。それでは本編行きましょう!

11、生地(富山31)
富山県黒部市の中央西部にある生地という町は古くは漁村であり現在も漁業さかんな町
しかし、この生地という町はまちのあちこちで湧き水が出ているという。
飛騨山脈を源流とする黒部川の豊富な伏流水が湧水として湧出しているようだ。
湧き水場のことを地元では「清水(しょうず)」と呼び、使い方の決まり・マナーがあり、階段状に流しが設けられている清水では、湧き出し口から順に飲水用、炊事用、洗い物用という風になっていて、現在でも地元の方々が日常生活に利用されているとか。
そして、この地域だけで100選を5つ(日本の名水100選、日本の夕日100選、漁業漁村財産100選、日本の遊歩100選、日本の100選)も保有するとても珍しい地域ということもあり、ぜひともゆっくりと見て回りたいと思います。

12、小川村(長野41)
「星と夢の降る里」が村の観光キャッチフレーズで天文ファンもよく訪れるという小川村
また、「にほんで最も美しい村」連合にも加盟している村で、日本一美しい村の一つとも呼ばれています。

この村では「癒しの郷」という心安らぐ環境づくりを行うために住民が労力、村が資材を提供する「民公協働」という形で住民と村が一体となって活動を続けているのが特徴で、村内に存在する薬師沢石張水路と呼ばれる土砂災害を防ぐ昔ながらの砂防設備に関しても現在も住民によって整備されていると言います。

また、この村の名物に灰焼おやきというものがあるそうです、具が多く、素材本来のうまみを引き出し、囲炉裏で焼く昔ながらの製法で作られるおやきは非常に楽しみです。

13、栄村(長野40)
長野県の最北端に位置する日本有数の豪雪地であり、先人の知恵と技を受け継いだ独特の文化が色濃く残る山里で河川、水田、畑、里山が、村民の協働の力によって守られ、良好な水辺環境や水田・湿地環境が保たれている。
それが生物にとって良い生育環境となり、集落周辺には里地里山に特徴的な種が見られることから生物多様性保全上重要な里地里山にも指定されています。
この里の取り組みとして、栄村で生活をする人の姿を動画で紹介することで村の情報を発信しているので、生活感がよく伝わってくる。いい情報の発信の仕方だと思いました。
長野県栄村公式観光情報サイト
(私は水番の人の動画がお気に入りです!)


14、松之山・松代(新潟30)
ため池がおおく存在し、森に囲まれた手入れの行き届いた棚田、ブナの二次林など日本の原風景が残る地域である。
里山を中心としたモザイク状の土地利用形態が維持されているため
ゲンゴロウ、オオコオイムシなどの希少な水生昆虫をはじめ、キビタキやメダカ、ゲンジボタル、ギフチョウ、スミレ類など里地里山に特徴的な動植物が生息・生育しているという。

また、この地域は棚田も有名で日本の棚田百選にも選定されています。


15、片野尾・月布施・野浦(新潟29)
生物多様性保全の活動、トキの野生復帰に力を入れている里で、具体的には減農薬栽培、ときの餌場となるビオトープづくり、冬に田んぼの水を抜かず餌場として活用する取り組みを行ってきた結果、その地域に残されてきた農業システムが評価され世界農業遺産に登録されています。石川県能登地域を含め先進国では初の認定だそうです!

選定理由は
1、農業生産システムに「朱鷺と暮らす郷づくり認証制度」を導入し、消費者と連携しながら島全体へ拡げていること。
2、生物多様性保全型農業と農業経済が連携し、持続的な環境保全体制を構築していること。
3、佐渡金山が風景と文化に大きな影響を与え、生物多様性と農業生産活動をはぐくむことによって、農村コミュニティを保全してきたこと。
とされています。

また、佐渡の山中には湧水を利用して作った大小様々な棚田が数多くあり、農道の発達しない山道を歩いて登り、鋤鍬で大切に耕作を行い、刈り終れば秋耕をして、水をためて春を待っていた。そこにはドジョウ、カエル、サワガニや昆虫類が豊富に生息していた。このような環境が多くあったことが、トキが最後まで佐渡に生き残った要因のひとつであると言われています。

引用:にほんの里100選http://www.sato100.com/

というわけで、今回もこの辺で、次回は【予習編4】をお送りします。
【装備編】はまだ先になりそうです、万が一楽しみにされている方がいらっしゃればごめんなさいm(_ _)m
それでは、さよなら~

自炊派(予定)チャリダー
      ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村
にほんブログ村に参加しています。もし、よかったらクリックしてくださいな!
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。